スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2005年05月12日(Thu)

稲泉 連

カテゴリー:宣伝広告記事編集
小学校のお友達の稲泉連が書いた本
是非よろしければ読んで見て下さい。

大宅壮一賞:
稲泉連さんと高木徹さんが受賞
 第36回大宅壮一ノンフィクション賞(日本文学振興会主催)の選考委員会が12日あり、稲泉連(いないずみ・れん)さんの「ぼくもいくさに征くのだけれど」(中央公論新社)と高木徹さんの「大仏破壊」(文芸春秋)に決まった。稲泉さんは90年の同賞受賞者の久田恵さんの長男で、親子での受賞は初めて。79年生まれの26歳で、同賞の最年少受賞者ともなった。

 高木さんは65年生まれで、NHK報道局勤務。「戦争広告代理店」で講談社ノンフィクション賞も受賞している。贈呈式は6月16日に東京・内幸町の帝国ホテルで行われ、賞金各100万円などが贈られる。【米本浩二】

毎日新聞 2005年4月12日 19時58分


スポンサーサイト
 
│posted at 11:32:47│ コメント 0件トラックバック 1件
■この記事へのコメント
■この記事にコメントを書く。




 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
■この記事へのトラックバック
posted at 2005-09-18(Sun)17:53
[プロフィール] 1979年東京生まれ。95年神奈川県の公立高校を1年で中退。大学入学資格検定を経て、97年早稲田大学第2文学部に入学。同年、その体験を書いた手記「僕が学校を辞めると言った日」で文藝春秋読者賞を受賞。「ぼくもいくさに征くのだけれど」(中
posted by 四万十通信
■この記事へのトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

FC2レンタルサーバー